キャリアセカウンセラー宇江野加子の公式ブログです。ご訪問誠に有難うございます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

育休中にすべきこと

こんにちは!

朝晩、秋風を感じられるようになりましたが

まだまだ暑いですね。

みなさん、お元気ですか?


さて、今日は育休中にすべきことについて書いてみたいと思います。


いろいろすべきことはありますが、

一番大切なことは、、赤ちゃんとの時間を楽しむこと。

そしてママ自身が、新たなライフステージ、

すなわち『育児期』に慣れることです



赤ちゃんとの時間を楽しむというのは、

赤ちゃんと一緒にお昼寝をして、午後の時間を堪能してみたり、

赤ちゃんとの非言語の会話で感性を磨いたり、

ベビーカーでご近所の通ったことのない道を散策してみたり。

赤ちゃんとの時間をゆったりのんびり過ごせるのは、本当に短い期間です。


何しろ、今はねんねだけの赤ちゃんも、1年後には歩き出して、2年後にはしゃべりだします。

マザー&ベビータイムを楽しめる期間って本当に短いのです


そうして一緒にゆったりとした時間を過ごすことは

きっと今まで仕事で頑張ってきた育休ママにとって、

新たな世界の広がりを実感出来る貴重な体験になることでしょう



今までの、効率や結果重視の世界だけでなく、

赤ちゃんとの時間を通して、

”いまここ”を大切にする世界の存在を実感することが出来るのです


これが、新たなライフステージで新たな世界の価値観を知ることにつながり

自分自身の人間的成長につながります




私自身、子ども達と接する中で、自分の価値観の深まりを感じましたし

まだまだ発展途上ですが、自分なりの人間的成長を実感出来るところがあります。


例えば、以前は生きていく上で「自己責任!」「自己決定!」「自立=経済的自立」が大切だと思っていました。

でも、子ども達との時間を重ねる中で、その考えだけでは、

私自身(や私の大切な人達)が幸せになれないということを理解しました。


そして、今は、「妥協すること」「限界を受け入れること」「自立=適度に依存できる人間的つながり」

大切だと思えるようになりました。

自分のライフステージに慣れると、毎日がとてもラクだということにも気づきました。


育児休暇が明けると、なかなかゆっくりした時間を取れない毎日を迎えるからこそ

育休中には、赤ちゃんと一緒にゆっくり過ごし、

育児期の自分と向き合う時間を楽しんでくださいね
  1. 2012/09/12(水) 03:30:50|
  2. 出産・育児期のあなたへ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイッチフレーズ

今日も読んで頂きありがとうございます。

私は、このブログを書く時、

今読んでくださっている出産・育児期のあなたが、

「少し楽になった」

「少し視野がひろがった」

と思ってもらえたらと思って書かせて頂いています。


今日は、スイッチフレーズの効果について。

このスイッチフレーズというのは、

「イライラ」スイッチが入りそうになったら、

あらかじめ用意していたフレーズを使ってイライラやイヤイヤな気持ちを

ポジティブにスイッチいれて、イライラを解消しちゃう、という方法です。


『子育て期を愉しむシンプルな方法』というオリジナルプログラムの中で紹介している方法です。


さて、そのスイッチフレーズ、今朝、また私は使いました。

今日早朝、私は、たまりに溜まった事務作業をサクサクこなすぞ!と

意気込んで書斎にこもっていたのですが、30分もしないところで

下の子が「ママがいい~(泣き)」と書斎になだれ込んで来ました。

一瞬は、「あ~あ!!もう~」という気持ちが起こりましたが、

とりあえず目を見つめ合うことで私自身のココロを落ち着かせ

(子どもの瞳って本当にきれいでココロが静まります)

布団のところに連れて行って寝かしつかせようと思ったのですが、

今日に限って「もう起きる!」。


あ~もう~本当に、今日しないとダメなんだってば!

今してしまいたいんだってば!

お願い、週末もたっぷり時間かけて遊んだじゃない!

今だけはママの時間を奪わないで!!


・・・と色んな気持ちがあふれ出てきます。


あ、このまま行くとネガティブループに入ってしまう・・・

そう感じた瞬間、スイッチフレーズ発動です。

今回は

「期間限定・・・、今だけ・・・(あと10年もしたら絶対ない、こんなに求めてくれなくなる)」

何回か、このスイッチフレーズを唱えて、

私の心は静まり、そしてポジティブループのスタートを切れました。


「よし、分った!じゃあ、一緒にお料理してくれる?」

「うん!!(とても嬉しそうな息子のワクワクした笑顔)」

そして早朝2時間、二人で一緒にキッチンに立ちました。


予定していなかった色んな保存料理も作れ、冷蔵庫の整理も出来たし、

久しぶりに手の込んだ朝食を並べられました。

夫も「この味噌汁うまい!」。


もちろん、しなきゃいけなかった事務仕事はそのまま。

でも、思いがけず幸せな時間を過ごせて良かったとココロから満足しています。

仕事の方も、結局何とかなりそうです


スイッチフレーズを活用していなかった頃は、

そのままドカンドカンしてしまい、自己嫌悪の連鎖。

こんな私が母親でごめんねーと自分を責めたことも少なからずあります。


そんな日々は苦しくて、何とかしたくて出会ったもののひとつが

ポジティブ心理学者のショーン・エイカーのこの講義でした。

http://www.youtube.com/watch?v=t8jxJWQPux0

「これを達成できたら幸せになれる」を追って苦しくなるより、

直面した苦境を受け入れ、ユーモアや忍耐、寛容性で乗り切る

という考え方は、

日々限界に直面せざるを得ないほどのハードな出産・育児期の女性

にとって、とても有効だと直観しました。


「こんな理想的な母親なら満足してもらえる(満足出来る)」

「こんな風に出来ればいいのに」

を追求して苦しくなるより

自分が苦境にいる状況を受け入れ、その状況をどう切り抜けるか、

ユーモアや寛容性で切り抜ける
というのはとても合理的だろうと。


その後、ポジティブ思考の勉強をする中で、

様々な方法を実践してみると、自分の思い込みや捉え方が自分を追い込んでいることにも気付けました。


そう、イライラしている時って、極端に視野が狭くなりがち。

ポジティブな姿勢は、視野を広げ、建設的で合理的に考えられる

のが大きなメリットです。

FB102[1]



ちなみに・・スイッチフレーズは、私が考えた、ポジティブ思考の実践スキルのひとつです。


これからもこのようなスキル、書かせていただこうと思います。

これからもどうぞ宜しくお願いします♪


「こんな時は?」

「私はこんな風にしている」

などご質問、ご意見頂けるととても励みになります。

宜しければ、コメント欄から是非宜しくお願いします♪

  1. 2012/08/28(火) 22:58:43|
  2. 出産・育児期のあなたへ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ママの”ワタシ”を楽しむコツ

こんにちは!

今日もブログを読んで頂き有難うございます。


さて、以前ご案内したイベントがいよいよ7月8日、今週日曜日に開催されます!

今回は、2時間の中で講座と交流会を兼ねるので、実質1時間程度の講座のうち、

レクチャーは15分程度で、45分はアイスブレイクやワークを考えています。

今回の講座で、お伝えしたいと思っているのは、


「ママ」は、単にひとつの役割。

○○ちゃんのママ=ワタシではない、ということ。

もちろん、1人の人として役割と自分とは影響を与え合っているのですが、

一つの役割(=ママ)が上手くいかないからと言って、自分がダメじゃない。

あなたはあなたのままでいい!! ということです。



小さな命を守る重責に苦しんだと

小島慶子さん(ラジオパーソナリティ・エッセイスト)が

養老孟司参との対談で話しています。(『絵になる子育てなんかない』幻冬舎)


そうなんですよね。

新しい命を授かり、産み落としたとたん、その命の柔らかさに驚き

感動しつつも、「死なせたらどうしよう」の不安でいっぱいになる。。

特に、はじめての子どもの出産直後は、そんな不安を抱えがちです。


そして、子どもの成長にしたがって、

「ちゃんと育てなきゃっ」「ちゃんとしつけなきゃっ」という想いが空回りする事も多く、

「イメージ通りの立派な親」の役割が果たせない自分に自己嫌悪を感じてしまう。。。


また、育児にかかりきりの毎日に自分のことを考える余裕が全くなく

いつの間にか、

ママ=ワタシ → 子育てが上手くいかないとダメなワタシ

という考えに苛まれ苦しんでいる女性が沢山いらっしゃいます。


キャリア理論の大家、スーパーの理論によると、

人は、ライフステージ(青年期・成人期など)によって様々な役割を得ます。

青年期では、子であり、学生であり、

成人期では、労働者であり・・・


出産・育児期の女性の場合は、”親=ママ”という役割を得、

ほとんど24時間ママをしていると、ママという役割=ワタシとなりがちですが、

本来、役割は役割なのです。


たとえ、今、ママの役割の経験が浅く、上手くいかないように感じることがあっても

だからといって、あなたがダメな訳じゃない!

あなたはあなた。

新しい役割を得、何とかその役割を果たそうと頑張っていること自体が素晴らしい事であり

その経験を通して、あなたは、人として大きな成長の糧を得ているんですよ、と。


その事をお伝えしたいと思っています。


私自身、一人目の育児休暇中に

この、スーパーのライフキャリアレインボー理論と出会い

ママ=ワタシでなくていいんだ!と気付きとても楽になれました。



出産・育児期の女性には、

この事に気付いて頂き、

少しでも安心して子育てを愉しんで頂ければと思っています


このイベント、好評受付中です。

・・関心のある方は、お気軽に遊びに来てくださいね。 お待ちしています♪

*************************************

保育付のプチワークショップ&ママ交流会のご案内です

子どものいる毎日っていいですよね。
でも、育児優先の毎日に、時々ふと
「こんな毎日でいいのかなあ」
「なんとなく自信が持てない」
「他のママはどうしてるんだろう」
と思ったりすることもありませんか?

このワークショップでは、簡単なワークを用いて、
“子育て期の女性”として、毎日を楽しむ方法を紹介します。
ワークショップを通じて、参加者同士の交流も図ります。

お子さんからひととき離れて、
ママじゃない“ワタシ”でおしゃべりを楽しみませんか?
専業ママ、園ママ、育休ママ、ワーキングマザー、プレママなど
ママならどなたでも参加できます!

サークルメンバーを募集したい方、
ご近所友達を見つけたい方、
ワーキングマザー友を見つけたい方、
リアルな実体験を教えてもらえる先輩ママとお友達になりたい方
お互いを高めあえる知的好奇心を刺激し合えるママ友・・などなど
このイベントで色んな出会いから、子育て期を楽しむきっかけを作れますよ~

*イベント概要*

『ママの”ワタシ”を楽しむコツ』
 ~ワークショップ&交流会~

■日時:2012年7月8日(日)10時~12時 
■場所:エセナおおた 3階 音楽室
■参加費:500円(資料代等) ※この活動は非営利です
保育2時間600円※別途お申し込みが必要です。お申し込みの方に保育申し込み方法お伝えします
■内容:簡単なワークショップとママ同士の交流会です
■お申し込み:お名前、年齢、パソコンアドレス、緊急連絡先(携帯電話)をご記入の上メール下さい。
 
    mamakyari@gmail.com

********



皆さんのご参加お待ちしていています。




















  1. 2012/07/05(木) 16:30:32|
  2. 出産・育児期のあなたへ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

妊娠おめでとうございます②

今日も読んで頂きありがとうございます。

前回は、妊娠された方へ今を愉しんでくださいねとメッセージしました。

「たしかにそうだろうけど、今を愉しむって、具体的にどうすればいいの?」

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

今日は妊娠期の今を愉しむ基本的な考え方を書いてみます。


基本的な考え方・・一言で言うと、”自分の内なる自然”に気付くということです。


妊娠すると、体にもココロにも色々思っていなかった変化が現れます。

まずは、その変化とじっくり向き合って下さい。

つわりはどうですか?

赤ちゃんの胎動、感じますか?

お腹は出てきましたか?
<
・・不思議、不思議。


自分の体なのに、自分の体で起きている事なのに

自分の意思や意識ではなく、自然に、

どんどん変化する。


この不思議こそが、”自分の内なる自然”に気付くということです。

普段、私たちは自分の事は意識的に何とか出来るって思い込んでいますが、

本当は意識でコントロールできる領域は少ないのですね。

妊娠期は自分の内なる自然”に気付ける絶好のチャンス。

へえ~こうなるんだ~

これがつわりというものか~

あかちゃん、動いてる!

自然観察してみましょう。



今まで自分が生きていることや自分の”内なる自然”を意識する機会がなかった方も多いと思いますが、
自分とゆっくり向き合うことで、

私たちはひとりひとりが、内なる自然を持つ存在であること。

つまり、ひとりひとりがかけがえのない存在=自然の一部であること


が感じられると思います。


妊娠という自然の営みの中で、改めて自分を見つめ直してみてください。

自分の”内なる自然”を実感でき、

さらに、、

きっとあなたもかけがえのない、自然の一部であることを感じられると思います。



それが、私の考える、妊娠期の愉しみ方です。




  1. 2012/05/21(月) 14:51:22|
  2. 出産・育児期のあなたへ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

妊娠おめでとうございます①

新しい命を自分の体に宿す不思議。

妊娠した時、私はとても不思議でした。
自分の体にそんな機能が備わっていたなんて。
嬉しい気持ちと共に、わからないことが多くて不安でした。

だから、"おめでとうございます"と言われてとても嬉しい反面、不安もいっぱい。

私は妊娠してそんな感じでした。

仕事はどうなるのかしら・・
夫との関係はどうなるのかした・・
私で母親が務まるのかしら・・

出産・育児情報を集めようと雑誌や本を読み漁ったり
ネットでリサーチしたりしていました。

そして
余計混乱するばかりでした。

今思えば、
妊娠・出産は人生の大きな変化の時。
ゆっくり自分の体やココロの変化に意識を向け
その不思議をまるごと愉しんで良かったんだと思います。

情報化社会で生きる私たち。
ともすれば、自分が生き物、自然界の一部と言う感覚を忘れがちですが、
妊娠・出産は自分自身の自然に気づける大きなチャンスです。

もし、この文章を読んでくださっているあなたが、妊娠中だったら
今はとにかく、人類の命のリレーの一員となった今を愉しんで下さいね。

ご懐妊、おめでとうございます♪♪
  1. 2012/05/10(木) 16:39:42|
  2. 出産・育児期のあなたへ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

メールマガジンを読んでみませんか?

出産・育児期女性の”私らしく生きる・育てる・働く”応援マガジン
メールアドレス
お 名 前  
ひとこと欄  

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

  

メールアドレスの変更はこちらから

出産・育児期女性の”私らしく生きる・育てる・働く”応援マガジン

配信されるメールアドレスの設定を変更することができます。

旧メールアドレス 
新メールアドレス 

各欄にご入力いただいた後に[変更]ボタンをクリックしてください。

  

配信を停止する場合はこちらから

出産・育児期女性の『私らしくー』応援マガジン」の購読申し込みはこちら